読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森山愛子の歌謡劇場  十九の春

森山愛子の歌謡劇場 十九の春
家臣の虫歯を麻酔なしで抜くなんて乱暴すぎるわよ。ピュートルくん。
早く、こっち、こっちに来なさい。
お前は誰だ。
東洋人。そうだ、お前は中国人だろう。
いいえ、あなたは初めて見たかも知れない、日本人、演歌歌手もやっているのよ。
ちくしょう、銃砲隊の奴ら、絶対、許さないからな。
僕、僕、こっちに来なさい。私がピュートルくんと会ったのは、ピュートルくんが十才のときでした。
母の異なるイワンとその姉ソフィアが王位を巡ってピュートルくんの命を狙っていたのでした。
ソフィアの親戚のミロランスフキー家に煽動されたストレリッの蜂起でピュートルくんは命を落とすことところでした。
そのとき、銃砲隊がピュートルに銃を向けた。森山愛子は流線型の道具をだすと、その先端から稲妻がいくつも走って、何十人もの銃砲隊が倒れた。
死んだのかい。
いえ、気絶しているだけ。
お姉さん、命を助けてくれてありがとう。でも、どこからここに来たんだい。僕が親政をはじめたら、
あなたを妃にしてあげよう。少し、年上だけど。
年上だけ余計よ。またね。
どこへ行くんだい。

私がピュートルくんに二度目に会ったのは
ピュートルくんは王位継承騒動を逃れるためにレニングラードを離れてドイツ居留地で戦争ごっこに明け暮れていましたが、やがて王位に就きました。
ピュートルくんは外国の先進知識を取り入れるために自分の身分を隠して船大工になりました。
ここにロシアの皇帝がいるぞ。
あやうくピュートルくんの身分がばれて、危ない状態になったとき、私が会いに行ったときでした。
私の名前は演歌歌手の森山愛子、ここにいるのはギターの伴奏者、ピュートルくんは危うく難をのがれました。
前に会ったときと あなたは少しも変わらない。今日こそ、あなたを妃として迎えよう。
どこに行ったんだ。愛子。
私はまた消えました。

愛子、愛子、ピュートルが大変なことになっているぞ。
私がピュートルくんのところへ行くとピュートルくんはベットに伏せっていました。
彼はネヴァ川河口の砂州に乗り上げた船の救出作業に参加して真冬の海に入って以降、
体調を崩し、死期を迎えようとしていたのです。
愛子、あなたは少しも変わらない 。初めてあなたに会った時から、私はあなたを妃にしようと思っていた。
私たち、エンカ星人は千年の命をもっています。 
私の命をあなたに・・・・
ピュートル大帝、いや、ピュートルくんは私の腕の中で息をひきとりました。